はちみつを使って美顔になろう!

はちみつは食べるだけのものだと思っていませんか?

パワーの源になり、素早い栄養補給ができるはちみつは食品としても高い機能を持っています。

味についても強い甘みが思わずホホを緩ませてしまう、とっても美味しいものです。

ダイエット中の女子にとっては、甘い誘惑をしてくる危険な存在でもあります。

でも美容の面でもはちみつが強い効果を発揮してくれます。

と言っても食べることで美容に効果を出そうということではありません。

今回のお話は、食べ物であるはちみつを肌に使って美肌になろうということです。

ネバネバしているはちみつを体に塗ったら、取れないし虫も寄ってきそうと心配するかも知れません。

しかし使う量はごく少量ですので安心して下さい。

最初にはちみつでもっちもちのしっとり肌になる為の方法を紹介します。

・もちスベ肌を手に入れるはちみつ洗顔法

1、せっけんまたは洗顔料をたっぷりと泡立てます。

2、泡立てたところ小さじ一杯分くらいのはちみつを加えます。

3、後は普通に洗顔するだけです。

泡はしっかりと泡立てておかないと、はちみつを加えた時に泡が潰れてしまうので注意しましょう。

養蜂家の人がこっそり行っていたこの洗顔法、混ぜるのが面倒という人ははちみつ入りの洗顔用石鹸も市販されていますので利用して下さい。

また、とっても簡単な美顔法として、はちみつを美顔パックに使うことも可能です。

・肌荒れを解消する、世界三大美人も愛用したはちみつパック

1、はちみつを少量のお湯に溶かすか、そのままお顔に塗って下さい。

2、顔にパックをして3~10分ほど待ちます。

3、その後は普通に洗い流すだけです。

とっても簡単なこの美肌パック、かのクレオパトラも愛用したという話です。

芸能人のIKKOさんもパックの代わりに蒸しタオルを乗せる方法で、はちみつパックを行っているそうです。

はちみつにはビタミンB2やナイアシンといった肌荒れに有効な成分が含まれていて、もちろん天然成分なのでお肌にも優しいものなのです。

他にも保湿効果や抗菌作用、ピーリング効果まであるという優れモノ。

ただしはちみつの原料の植物に由来してアレルギーを起こす場合もあるので、その点だけは要注意です。

他にも化粧水に混ぜたり、お風呂に入れるなどはちみつを使った美容法はたくさんあります。

ぜひ一度はちみつ美顔法を試してみてください!

ぶりっこ女の特徴

実際の見た目には関係なく、その人の動作や行動は魅力をさらに引き出すことも、逆に貶めることもできます。

女性にとって美しい所作を取ることは、外見の美しさと同じくらい大切なことなのです。

男性にも女性にも嫌われる女の特徴として、「ぶりっこ」が挙げられます。

カワイイ女を演出するために、必要以上の動作や大げさな行動を取っている人を見かけますよね。

限度を超えた過剰な演出は、好感どころか嫌悪感を抱かれてしまう原因になります。

自分では気がついていなくても、知らない間に「ぶりっこ女」になっていたということもあります。

「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言われますが、ぶりっこ女の特徴を理解して、そうはならないように普段から気をつけましょう。

ぶりっこ女の特徴

・同性と異性で態度があからさまに変わる。

同性と異性で多少態度が変わることは自然なことですが、あからさまな態度の違いはそのギャップを見た時に失望されます。

意識しすぎた行動を取っていないか、普段と違いすぎる態度を取っていないか考えてみて下さい。

・自分で自分のことを名前呼びする。

幼い子供なら許される行為も、立派な大人に似合う行動ではありません。

キャラ付けの一環にしている、子供のころからのクセが抜けないという人は注意しましょう。

・性的な意識を持ったボディータッチが多い

サバサバした友好的なボディータッチは気にならなくても、変に意識をしたボディータッチが多いと見ている方はカチンと来ます。

無意識に勘違いさせるようなボディータッチをしていないか、気をつけましょうね。

・ふと見るといつもアヒル口

アヒル口だけに限りませんが、男性に受けが良い行動やメイクを雑誌やテレビで見るとすぐに取り入れる人っていますよね。

自分を魅力的に見せる為に姿勢や話し方に気をつけるのは分かりますが、相手に受けることだけを意識した行動は、不快なものを感じさせます。

・自分のことだけを語り周りを見ない、気を使わない。

ぶりっこ女の特徴として、周囲からの好感を自分だけに集めたいという行動を取りやすいです。

周囲に気遣い無く自分のことだけを話す女性は、女性からも男性からも心の中で呆れられます。

いかがでしょうか、自分にどこかあてはまるところはないでしょうか。

自分だけは大丈夫と思っていても、知らない間にしていることがあるかも知れません。

街でぶりっこしている人を見かけたら、自分は大丈夫だろうかと自問自答してみましょう!

簡単ストレス解消法【女性編】

世はまさにストレス戦国時代といっても過言ではありません。

厳しい日差しや添加物や農薬の多い食品、巷に溢れるアレルギー物質など、外的要因で身体がストレスを感じることも多いです。

また、情報が簡単に手に入る現代社会では、必要以上に情報に流される、悪意ある情報に晒されるなど見聞きするだけでストレスになることもあります。

ストレスについての研究が進み、知識が増えることで逆に疑心暗鬼に陥ることもあるでしょう。

人間にとって適度なストレスは健康に生きて行く上で必要なことですが、過度なストレスは心や体を蝕みます。

女性にピッタリの簡単なストレスを紹介しますので、ストレスを上手にコントロールして、健康な生活を送りましょう。

男女で脳の構造に違いがあることは良く知られています。

性別の違いで考え方や行動に違いがあることが、医学的にも証明されています。

その影響はストレスの感じ方、受け方にも違いを及ぼす為、女性は女性に向いたストレス発散法を行うべきなのです。

・読書によるストレス解消

イギリスでの研究成果として、読書、音楽、お茶、散歩、TVゲームの5つを比較した時に一番ストレスが発散できたのが読書だったと発表されました。

読書とゲームを比較した場合、読書が約7割、ゲームが2割のストレス解消効果があったそうです。

読書は静かな環境であれば、たった6分程で効果が出るので、ちょっとした空き時間に本を読むことはストレスの解消にピッタリです。

特に読む本は何でも良いということなので、お気に入りの本を少しずつ読むと良いと思います。

ついつい暇だとスマホでゲームをしてしまうという人も、一日に一度は読書に切り替えてみてはいかがでしょうか。

・エクササイズによるストレス解消

運動によるストレス発散は昔から言われていることです。

20分程度の運動でドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった集中力を増しストレスを解消するホルモンが分泌されます。

無理な運動を頑張ってすることは、かえって頭がストレスに感じてしまいます。

ダイエット目的でなければ、身体に負担のかからない軽い運動を行えばOKです。

・入浴によるストレス解消

お風呂が好きな女性は多いと思いますが、入浴も女性のストレス解消に役立ちます。

湯船でリラックスしている時には、βエンドルフィンやセロトニンなどのホルモンが分泌され、ストレスを緩和してくれます。

特にストレスを感じていない状況であっても入浴はストレスに有効です。

入浴で分泌される物質は、ストレスを感じた時に出すホルモンの分泌を抑える効果もあるので、日頃からのリラックスタイムが効果的なのです。

美容の大敵でもあるストレス、自分なりの解消法を見つけてキレイな自分を取り戻しましょう。

背中やお尻のような手の届きにくい部分のニキビケアについて詳しく

お肌のケアに気を使っている人でも、背中やお尻にはなかなか気が回らないものです。

人から見られることは多いですが、自分でじっくりと見る機会も少なく、また見えにくい場所なのでどうしても意識に上がってきません。

でも夏場などは水着や浴衣、広く開いた洋服など、背中やお尻の肌が露出する機会も増えます。

ムダ毛なども気になりますが、人から見て目立つのはやっぱりニキビですね。

肌表面に凹凸ができるので光の加減でどうしても目立ってしまうのです。

また触った感触などでもブツブツした感じがありますが、自分の手はなかなか全部に届きません。

見えない場所でも毎日のスキンケアで、ニキビの予防に努めましょう。

背中やお尻のニキビケアは、見えない分だけほかの場所よりも慎重に行う必要があります。

ポイントはお肌に対して「刺激を与え過ぎないこと」です。

ニキビケアというとボディースクラブなので毛穴の余分な老廃物を取り除くケアを想像しがちです。

しかしボディースクラブは肌への刺激も強く、やり過ぎると逆に肌を傷める可能性があります。

力加減が難しい背中やお尻には、肌に優しいニキビケアを行いましょう。

おススメのニキビケア方法はミストスプレーによって潤いを保つことです。

スプレーであれば見えない部分にもムラなく効果を発揮することも可能ですし、無理な姿勢を取ることもないので楽ですよね。

ただし逆さにしてもスプレーできるタイプのものを使わないと、うまく出ません。

くれぐれもスプレーボトル選びは慎重にお願いします。

お風呂上りに保湿効果の高く、肌荒れ防止に効果のある「ビタミンC誘導体」や、炎症を抑える「グリチルリチン酸」を含んだ化粧水をスプレーしましょう。

お風呂についても肌を傷めないよう注意が必要です。

身体を洗うのにナイロンタオルはもちろんNG、肌に優しいスポンジでたっぷりの泡で洗うようにして下さい。

お風呂上りに使うタオルもコットン100%でふんわりとした柔らかい肌触りのもので吸い取るように押しつけて水気を取って下さい。

少しでも“こすれる”という行為が肌を傷める原因になります。

できれば普段着る洋服の素材にも気を使えば更に効果的です。

目に見えない場所だからこそ大切にケアしたい、背中やお尻のニキビケアに取り組みましょう!

大人ニキビが出来てしまう原因について

大人になるとときどき思い出したようにできてしまうニキビ、顔の目立つ部分にできてしまっては、明日からの出勤も憂鬱になりますよね。

大人になってからのニキビができる原因は、若いころとは少し変わっています。

代謝の活発な時は、肌のターンオーバーが過剰で、余分な皮脂が毛穴に溜まってしまいます。

その皮脂などを栄養素に細菌が繁殖し炎症=ニキビを作ってしまうのです。

つまり肌自体は健康にターンオーバーしているので、しばらく清潔にしていれば自然と治ることも多いという訳です。

大人の場合はそうではありません。

ストレスや不摂生などが原因で、体調自体に問題がありホルモンバランスの乱れなどが原因でお肌のターンオーバーが弱まります。

肌の乾燥が起きやすくなり、ちょっとした刺激で肌トラブルに発展してしまう敏感肌にもなり得ます。

生活自体を正さないとなかなか肌の調子は戻ってくれませんが、寝不足ではないか、生理不順はないか、精神的な負担はないか、一度チェックしてみましょう。

まずは生活習慣から正し、お肌のターンオーバーを正常に戻しましょう。

それでもできてしまう大人ニキビには別の要因が考えられます。

お風呂でゴシゴシこすっていませんか?お風呂上りに保湿の為とクリームを塗り過ぎていませんか?食事に好き嫌いはありませんか?

ニキビの原因となるものを一つ一つ考えて行きましょう。

原因が思い浮かばなくなったら、ニキビに効き目のある美容液の話をしましょう。

ニキビも炎症の一種、炎症に効き目のある抗菌作用を持ったトウキエキスやシコンエキス、ローヤルゼリーなども効き目のある美容成分です。

アラントインや加水分解酵母エキスなども、大人ニキビを目立たせなくする効果があります。

何でも含まれていればいいという訳ではなく、自分の肌質に合った必要な栄養素が一番入ったものを購入して下さい。

美容の前にケチってはいけませんが、高ければよいものが買える訳でもないので、自分なりのマストアイテムを見つけてみましょう。

高い化粧品に頼らなくても、洗顔方法やお風呂の入り方を工夫するだけでもニキビはマシになってきます。

継続することが成果につながるので、自分を信じてニキビケアに挑戦し続けましょう!

本当は間違っているスキンケア方法

間違いは誰にでもあることですが、間違いに自分で気づいて治すことは意外と難しいことです。

他人から指摘されて始めて分かるということも良くあります。

スキンケアについても正しい方法を知らず、肌にダメージを蓄積させているだけということが多いのです。

感覚的には肌をキレイにしているつもりでも、肌はしっかりと傷ついています。

またスキンケアをしている姿を頻繁に誰かに見せることもありません。

結局は自分で気がつくまで、お肌をいたわってくれる人は現れないのです。

間違いだらけのスキンケア方法について紹介するので、自分のスキンケアを見直すきっかけにして下さい。

ケース1:敏感肌なのでオーガニック製品をいつも使用しています!

天然成分は肌に優しいと思われがちですが、人によって花や草、木など植物でかぶれることはあると思います。

個人差が大きいことなので、大多数に安全なオーガニック製品でも、人によっては合わないこともあります。

なんとなく肌に刺激を感じて効いている気がする、なんて場合は一度使用を続けるか考えた方が良いかもしれません。

ケース2:日焼け止めにはいつもSPF50 しか使いません!

日焼け止めも今ではオールシーズン使う人も珍しくありません。

紫外線を防ぐことは美容にとって悪いことではありませんが、単純な数値だけで日焼け止めを選ぶのは間違っています。

SPF値が高いものほど肌への負担も大きくなります。

肌に負担が少ないSPF30程度のもので、都度塗り直しながら紫外線を防ぐ方が肌には優しいのです。

塗る量に関してはケチると日焼け止めの効果自体が薄れます。

日焼け止めは適量を塗ることが大切です。

ケース3:乾燥肌なのでクリームをたくさん塗り込みます!

乾燥する肌に有効なのは水分です。

クリームなどを塗る前にしっかりと水分補給、つまり保湿を出来ているかどうかが大事です。

たっぷりと肌を潤わせた後、クリームでふたをすれば良いのです。

こちらも量は適量で塗らないと、洗い残しが肌に残ってしまい、余計な肌トラブルの原因にもなります。

ケース4:化粧品や化粧水は叩きこむように打つべし!打つべし!

いくら柔らかいパットでも強くたたきつければお肌を傷めてしまいます。

肌にはやさしくポンポンとじっくり全体に馴染ませるように化粧水をつけるようにしましょう。

高いものが必ず良いというわけでもありませんし、やればやっただけ効果の出るものでもありません。

適量、適切なスキンケアで優しく肌をいたわってあげて下さいね!

簡単エクササイズで、ほうれい線を解消しよう!

年齢と共に女性の顔に浮かび上がるほうれい線、気にならない人は少ないと思います。

ホホのたるみや肌のハリがなくなることで表れるほうれい線ですが、ちょっとしたエクササイズで解消することが可能です。

速攻性がある訳ではありませんが、毎日続けることで着実に見た目に変化が表れるので、ぜひチャレンジして下さい。

簡単なほうれい線解消エクササイズを紹介します。

・舌回しエクササイズ

口周りの筋肉を刺激し、血行を良くすることでむくみをなくすためのエクササイズです。

1、口を閉めて舌を時計回りに回します。(歯に沿うように)

2、逆向きに舌を回します。

3、1日3セットだけ、ポイントはゆっくりと口の筋肉を意識をしながら行うことです。

普段はあまり動かさない筋肉なので、やり過ぎや力を入れて行うと逆に傷めることになりますから注意して下さいね。

むくみの解消はほうれい線の解消にも効果的なので、飽きずに続けましょう。

・ペットボトルを使ったエクササイズ

こちらも口周りの筋肉を鍛えるエクササイズです。

用意するのは空のペットボトルと少量の水だけなので、恥ずかしいのを我慢すれば、どこでも可能です。

1、空の500mlのペットボトルを用意し、少量の水を入れます。

2、ペットボトルを咥え、手や歯を使わずに唇だけでぶら下げます。

3、10秒をワンセットにして3回繰り返して下さい。

朝と寝る前に1セットずつでOKなので、忘れずに行って下さい。

重さの調節は負荷が掛かる程度で構いませんので、あまり重くしすぎないよう注意して下さい。

人には見られたくない姿ですが、口の周りの筋肉を鍛えるのには最適なエクササイズです。

・首に関するエクササイズ

1、左右に5回ずつ首をゆっくりと回して下さい。

2、首のリンパ線に沿って、耳の後ろから鎖骨まで優しく5回上下にさすって下さい。(指の腹で)

3、鎖骨の上のくぼみに親指以外の指を乗せて、首元から肩方向に向かってゆっくりと押してください。

リンパ節を開いて詰まった脂肪を押し流す効果があります。

むくみの原因である余分な脂肪を流すためですが、焦って早くこすると肌を傷めます。

マッサージクリームなどを使うと肌への刺激を減らすことができます。

効果の高いエクササイズばかりですが、毎日続けないとやはり効果は出でにくいです。

シワの無い若々しいお顔を保つためにも、継続してエクササイズを行いましょう!

【美容】サプリメントのことについて詳しく

美しく健康な身体を保つために、サプリメントを摂っている人は多いのではないでしょうか。

しかしサプリメントのことについて、何も知らずに摂り過ぎたり、必要な栄養が取れていない場合もあります。

サプリメントの基本から効果的なサプリメントの摂取方法について紹介します。

サプリメントは錠剤や粉末の形を取っており、見た目は薬のように見えますが食品に分類されるものです。

何かを根本的に治療したり、治すという使い方をするものではありません。

あくまで不足する栄養素を補い、バランスの取れた健康な体作りをサポートするためのものです。

病気を治すサプリメントや怪我の治療に効果が出るサプリメントなどを進められた場合は注意が必要です。

医学的な証明はされていないというだけで完全に否定することはできませんが、少なくても薬として厚生労働省の認可を受けたものではないのは確かです。

サプリメントの表示に許されているのは「特定保健用食品」や「栄養機能食品」などです。

健康を維持するためには様々な栄養素が必要ですが、通常はきちんとした食生活を送っていれば簡単に不足することはありません。

しかし仕事が忙しく外食が増えたり、食生活が偏ったり現代人にとって全ての栄養を満足する食事を毎日用意することは難しいのが現状です。

食事だけでは取りにくい栄養素があるのも事実ですので、不足しがちな栄養素を確認して必要な量だけサプリメントを摂取するようにしましょう。

食べ物もサプリメントも食べ過ぎはNG、水だって飲み過ぎれば病気になります。

貧血気味の人が摂取しやすい「鉄」や「マグネシウム」も、摂りすぎれば嘔吐や低血圧の原因になります。

ビタミン類の取り過ぎも頭痛や脱毛、食欲不振、腎臓障害など、時には命に関わる症状を起こすこともあるのです。

健康を気遣ったサプリメントは問題ありませんが、サプリメントに依存するような生活は根本から見直さなければ真の健康は手に入りません。

サプリメントの効果的な摂取方法としては、以下の通りです。

・食後30分を目処に摂取する。

・適量を守り、必要量以上飲まない。(妙薬も飲み過ぎれば毒になる)

・カフェインを含む飲料でサプリメントを飲まない。(吸収を阻害される場合あり)

・即効性は無いので、途中で諦めず飲み続ける。(3ヶ月くらいを目安に)

基本的なことですが、ついつい忘れてしまいがちなことばかりです。

美容やアンチエイジングでもサプリメントを使用する人が多いですが、健康的な生活があった上でのサプリメントです。

サプリメントに頼りきりにならず、自分の力でできることは今日からでも変えていきましょう!

美白スキンケアのメカニズム

透き通るような美白は女性の憧れ、鏡を見るたびにもっと白くて美しい肌になりたいと願ってやまないものです。

日本人の肌質からいっても完全な真っ白になることはできませんが、健康的な白い肌を手に入れたいと思いますよね。

美肌になる為のスキンケアは、お肌の色が濃くなる原因になっているメラニンに対処すると効果的です。

紫外線を浴びたり、ホルモンバランスを崩してしまうとお肌に刺激を受けて、それを防ぐためにメラニンが生成されます。

あくまで体の保護のために発生する生理的なものなので、完全になくすことはできません。

ではどのように美白を手に入れるのかというと、主に4つのプロセス分かれています。

1、メラニンを生成するメラノサイトという組織に直接働きかけ、生成を抑制する。

2、お肌への刺激からメラノサイトへ伝わる情報伝達物質をブロックし、メラニンを作らせない。

3、生成されたメラニンが肌細胞に移動するのを阻害する。

4、お肌の表面に現れたメラニンを還元し、元のお肌の状態に戻す。

こうした効果のある主な美肌成分には、アルブミン(生成を阻害)、ビタミンC誘導体(生成抑制や移動阻害、還元)、プラセンタエキス(生成抑制、還元)などがあります。

他にもカモミラETやm-トラネキサム酸には情報伝達をカットする働きがあります。

必要な美白成分を含んだ美容液や化粧品を選ばないといつまでたっても美白は手に入りません。

成分によって効果は限定的になりますので、いくつかの成分が入っているものを選ぶか、自分に必要な成分が入ったものを選びましょう。

ただし、こうした美白成分はあくまで対処療法的なものとなりますので、根本的には肌への刺激を極力受けないことが重要です。

紫外線を避け、日傘やUVカットの洋服や日焼け止めでしっかりとガードする、規則正しい生活を送り、体調を崩さないよう注意することが美白の第一歩です。

日々太陽にさらされるお肌をケアし続けることは難しいですが、十分な注意をして美白成分を合わせて補給することで、美白を保つことも可能になります。

詳しい原理まで理解しなくても、必要な成分が含まれているかをしっかりチェックして美白スキンケア商品を購入して下さい。

スキンケアに気を使って、生まれた頃の健康的な肌色を取り戻し、美白美人になりましょう!